法律できちんと規制されている消費者金融業

今すぐお金を手元に用意したいという時、消費者金融業はとても頼りになります。消費者金融業と聞くと、何だか怖しい企業のような気がする人もいるかもしれません。消費者金融業は拠点を置く都道府県の登録を受ける必要がありますし、もしその拠点が二つ以上の都道府県の場合は内閣総理大臣の登録が必要となります。

また貸金業法や利息制限法の規制を受けますから、無理な督促をしたり、暴利をむさぼったりする事ができないようになっています。最近では大手の銀行グループの傘下に入って、より厳しい審査基準を設けて、個人向けの貸金業を営んでいる消費者金融業が沢山存在していますから、もし急いでお金を用意しなくてはならない時は、最初から恐れを抱くことなく、相談だけでもして見ると良いでしょう。

消費者金融業の金利は高い

利息制限法の改正により、消費者金融業でも10万円までの最高金利は20%、10万円以上100万円未満の借り入れは18%、100万円以上の借り入れは15%となっています。もし消費者金融業で借り入れをしたい場合はこの金利を参考にしてみてください。消費者金融業の中でも一定期間の間は金利がゼロのところが多数あります。

アコムやプロミス、レイクなどの大手の消費者金融業では30日間や60日間の期間で利息がかからないので、すぐに返済する予定があるのであれば、これらの消費者金融業を利用すると良いでしょう。